×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結局ワタシは未来なは戻れなかった。原因はわからないが一週間だけの時間跳躍になってしまった。

そんなワタシをクラスの皆は温かく迎えてくれた。そしてご先祖様、ネギ坊主も……

単純に嬉しかった。一般生徒はわかるが敵だったネギ坊主達からも迎えられて。

ワタシは確信した。計算などではなく直観的にこの人達となら未来を変えられると。不幸のない幸せな世界に。

ちなみに最終日に見せた家系図は偽物。超家にはもともと家系図なんて物は存在しない。

過去に来る前に疑問に思ったが今ではその意味がよく解る。もしあれば大変な事になっていた。何故なら……


「どうしました?何か考え事ですか?」

「ああ、ちょと過去の事をネ」

「それは超さんのいた世界のですか?」

「ふふ……それはヒミツヨ」


ワタシは彼と旅をしている。マギステル・マギになるために、そしてワタシの願いを叶えるため。

この時代に来た瞬間ワタシは未来人ではなく現代人なのだ。だからワタシはこの時代に生きようと決めた。

この時代の人間として、ご先祖様ではなく一人の男性として見て、彼と共に苦楽を乗り越えよう。


――愛する人と未来を変えていこう

――少しずつだが不幸を幸せに変えていこう

――やがてそれが大きな幸せになる事を願って……


おわり

戻る