×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ネギは癌にかかっていた。それもかなり末期の。


「もって…半年だそうです……」

「……そうか」


もし早期発見していれば魔法で完治できたかもしれない。

だがここまでくると癌の進行を遅らせるくらいが限界だった。


「師匠。僕の血を吸ってください」

「……何?」

「いずれ死ぬのなら、僕は師匠の一部となりたいです」

「……遠慮はせんぞ?」


エヴァはゆっくりと近付きネギの首筋に歯を突き立てた。


「最後に……いいですか?」

「何だ?」

「愛してます……エヴァンジェリンさん……」

「……ふん」

冷たくなったネギの唇にそっと口付けを交わす。

「ぼーやのくせに……生意気な………」

夜空を見上げる。何百年と変わらぬはずの満月がぼやけて見えた。


その後、呪いの解けたエヴァは未だ麻帆良の警備をしていた。ネギが愛した麻帆良の地を護るため。


『光の中に生きてみろ』


彼女の運命を変えた者の言葉が頭を過る。


――ナギ、ネギ。私は光の中で生きてるか?


おわり

戻る